富士屋ホテル緑茶

富士屋ホテル緑茶

¥1,800(税込)

軽減税率

在庫あり

富士屋ホテル創業時からパートナーシップを結んでいる「江嶋」は、江戸時代初期の1661年に小田原で創業した老舗茶舗。
今回、共同で、富士屋ホテルのオリジナル緑茶を作り上げました。
何度も試作、試飲を重ねた、こだわりの商品です。
静岡県掛川の温暖な気候、良質な土で育った茶葉を厳選した深蒸し茶。
蒸し時間を長めにすることで鮮やかな色、深くまろやかな味わい、瑞々しく華やかな香りが際立ちます。
手軽にティーバッグでお楽しみいただけますので、若い方や海外の方へのプレゼントにもおすすめです。

※こちらの商品は熨斗・包装紙でのラッピングを承ることが出来かねます。

美味しさの理由

商品イメージ

1 ) 気候
日本一の茶の生産地 静岡県掛川市産。

年平均気温約15℃~16℃の穏やかな気候、適度な雨量がお茶づくりに最適です。


2 ) 土
おいしいお茶作りの秘訣は、病害虫にも負けない強い茶樹を育てること。
有機質肥料を使い、元気で良質な「土」を作っています。


3 ) 葉
その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくった一番茶のみを使用。


4 ) 水
摘みとられた茶葉は、蒸気で蒸され若葉の香りがより強くなります。
何重ものフィルターでろ過を繰り返した「純清水」を沸かした蒸気で茶葉を蒸しています。


5 ) 蒸し
茶葉の蒸す時間を通常の2~3倍かけた深蒸し茶。
渋み優しく、まろやかな味わいです。

こだわりの包み

商品イメージ

パッケージの帯デザインには、1930年代、外国人向けに日本の文化を紹介する書籍として富士屋ホテルより発行された案内本『We Japanese』の「Green Tea」の説明ページの挿絵を採用、昨今再び脚光をあびている活版印刷にて印刷しました。

説明文、商品名には英訳も入れ、海外の方のお土産品にも最適です。


※書籍『We Japanese』
1930年代、外国人向けに日本の文化を紹介する書籍として富士屋ホテルより発行された案内本。
日本の観光地や特徴的な美術、工芸、祭事、人々の生活の中にある慣習などを、350以上の写真やイラストとともに解説しています。


※活版印刷
「活字」と呼ばれる鉛で出来た文字を一つずつ拾い組み合わせ、ハンコの原理で凸面にインキをのせて刷る印刷技術です。
印刷する時に出来る独自の凹凸感に味わいがあります。

美味しい「富士屋ホテル 緑茶」の淹れかた

商品イメージ

【ご用意いただくもの】
富士屋ホテル緑茶・急須・湯呑・90℃の湯

①湯呑に、90℃のお湯をたっぷり(180cc程度)入れます。

②急須にティーバッグ1ケと、①の湯を入れます。

③急須に蓋をして、1分程蒸らします。

④急須を持ち、円を描くように4~5回、急須を揺らします。

⑤湯呑に注ぎます。
最後の1滴まで注ぎきってください。

(急須から出る最後の一滴が最もおいしいと言われています。) 

商品内容

商品イメージ

名称: 煎茶ティーバッグ
原材料名: 緑茶(静岡県産)
内容量: 30g (3g入ティーバッグ×10個)
包み: サイズ 約 120×210 mm 
チャック付きアルミ製保存袋の上からたとう紙包み
賞味期限: 製造日より約1年(賞味期限は包装に記載されています)
保存方法: 高温多湿を避け、移り香にご注意ください。
開封後はお早めにお召し上がりください。

製造者: 佐々木製茶株式会社 静岡県掛川市上内田350-1

2021年9月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2021年10月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お問い合せ・出荷業務の休業日

出荷業務の休業日